スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ppatリソースでウインドウ背景を描く。

/*
ppatリソースでウインドウ背景を描く。

Carbon環境でリソースが扱えるソフトがあればパターンリソースにより背景パターンを描くことができます。以下の例ではリソースタイプはppatで128,129が利用されます。
*/

RESOURCES "ppat.rsrc"

WINDOW 1,"ppat"
ppatH& = FN GETPIXPAT(128)
//toolbox fn GetPixPat(short patID) =long
IF ppatH& THEN CALL BACKPIXPAT(ppatH&) ELSE BEEP
//toolbox BackPixPat(long)
CLS
delay 1000

ppatH& = FN GETPIXPAT(129)
IF ppatH& THEN CALL BACKPIXPAT(ppatH&) ELSE BEEP
CLS 'This "Refreshes" the background

DO
HANDLEEVENTS
UNTIL 0
スポンサーサイト
プロフィール

lightchaos

  • Author:lightchaos
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
アクセス解析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。