Mac OSX Build and Run!

OSX上でのプログラミングの初歩について、情報共有ができればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Objective-CとCocoaの基礎

【オブジェクトCとココアの基礎】

私自身が初心者ですが、オブジェクトCとココアの基礎について簡単なサンプルを作ってみました。
初めてオブジェクトCを見て戸惑っている方やCocoaでウインドウに結果を出したい
と思っても、良く分からない方に参考になればとおもいます。

オブジェクトCとココアの基礎サンプル ダウンロード

【現在の日時を取得サンプルについて】
Cocoaで現在の日時を取得するにはFoundationというフレームワークを使います。
Cocoaは#import [Foundation/Foundation.h]と#import [AppKit/AppKit.h]の
フレームワークから成立ちます。AppKitフレームワークはアプリケーション作成に使用します。それ以外はFoundationフレームワークが受け持ちます。

以下のサンプル順で、現在の日時を取得について、同じ動作のコードの書き方を
ステップアップさせています。現在の日時を取得0から2まではコマンドライン
ツールのFoundationプロジェクトで作成しています。

現在の日時を取得0
現在の日時を取得1
現在の日時を取得2


【簡単なオブジェクトCの書式について】(大嘘かも。)

○処理対象にある処理を施すには以下の様にします。
[処理対象 処理対象のタイプに属する処理関数]
[この括弧内が処理結果となり、次の処理対象となります。]
[NSDate date];

○結果を取り出すには以下の様にします。
右側の結果に対応した形式を指定した変数=[処理対象 処理対象のタイプによる処理関数]
NSString * name = [ ];
NSDate * mydate = [ ];

○関数による連続処理をするには
[[処理対象 処理対象のタイプに属する処理関数1] 処理対象のタイプに属する処理関数2]
[[NSDate date] description];

○関数がパラメーター指定を持つ場合
[処理対象 処理対象のタイプに属する処理関数:指定パラメーター]

上記内容は専門用語を使わずに適当に書いた内容なので、他の良書をお読み下さい。





【Windowを使ったアプリケーションにするには】
最後に、Cocoa アプリケーションプロジェクトを使い、ウインドウ上に結果を表示する方法は以下の様にします。

現在の日時を取得Cocoaサンプル

○新規プロジェクト作成時の方法
1.プロジェクト内のmain.nibファイルをダブルクリックします。
これでインターフェースビルダーが起動しますので、textFieldをレイアウトします。
2.Classesのメニューから、コントローラー用のsubClassを作成します。
3.コントローラー用のsubClassからインスタンスを作成します。
4.textFieldアウトレットを作成します。この時、idをtextFieldに変更します。
5.controlキーを押した状態で水色のインスタンスをマウスで選択して、
 ウインドウ内のTextFieldに線を繋ぎます。この時、textFieldアウトレットが表示されるので、ウインドウ下にあるコネクトのボタンを押します。
6.controller.hとcontroller.mのファイルをClassesのメニュー>Create files for controller forを選択し
プロジェクトに追加します。後はcontroller.mにtextFieldに結果を出すソースコードを追加するだけです。

尚、上記のサンプルを使用して、生じるいかなる損害につきましても、利用者の自己責任とさせて頂きますので、合意の場合のみ御使用下さい。尚、無断転載は危険ですので、済みませんがお断りさせて頂きます。

by Lightchaos
2006/08/20
スポンサーサイト

Cocoa 雛形

○ココアアプリケーションの雛形

#import [Cocoa/Cocoa.h]

int main(int argc, char *argv[])
{
return NSApplicationMain(argc, (const char **) argv);
}






○Foundation Tool

#import [Foundation/Foundation.h]

int main (int argc, const char * argv[]) {
NSAutoreleasePool * pool = [[NSAutoreleasePool alloc] init];

// insert code here...
NSLog(@"Hello, World!");
[pool release];
return 0;
}





○Cocoa Document based Application

#import "MyDocument.h"

@implementation MyDocument

- (id)init
{
self = [super init];
if (self) {

// Add your subclass-specific initialization here.
// If an error occurs here, send a [self release] message and return nil.

}
return self;
}

- (NSString *)windowNibName
{
// Override returning the nib file name of the document
// If you need to use a subclass of NSWindowController or if your document supports multiple NSWindowControllers, you should remove this method and override -makeWindowControllers instead.
return @"MyDocument";
}

- (void)windowControllerDidLoadNib:(NSWindowController *) aController
{
[super windowControllerDidLoadNib:aController];
// Add any code here that needs to be executed once the windowController has loaded the document's window.
}

- (NSData *)dataRepresentationOfType:(NSString *)aType
{
// Insert code here to write your document from the given data. You can also choose to override -fileWrapperRepresentationOfType: or -writeToFile:ofType: instead.
return nil;
}

- (BOOL)loadDataRepresentation:(NSData *)data ofType:(NSString *)aType
{
// Insert code here to read your document from the given data. You can also choose to override -loadFileWrapperRepresentation:ofType: or -readFromFile:ofType: instead.
return YES;
}

@end




#import

@interface MyDocument : NSDocument
{
}
@end


マックで始める C言語 with Cocoa

■マックでの開発環境について
 お手持ちのマックがOSXで動くなら、誰でも無料でプログラミングの開発環境がダウ 
ンロードして手に入ります。最低でもブロードバンドのネットワーク環境(ADSL等)は必 
要ですけどね。なんせファイルサイズは300MBはあります。使用期限も無いから安心し
て使えます。
 OSXのバージョンにより対応した開発環境(Xcode)のバージョンがありますので、 
古いバージョンのOSXでは最新機能が含まれない為、最新の開発環境(Xcode)は使用 
できません。例えばOSX 10.3のパンサーではXcode 1.5までが使用できます。OSX
10.4のジャガーではXcode 2.1が使用できます

■開発言語について
 C, C++, Object-C, Java, Apple Script等を使用できます。
CやC++を使うならANSI準拠なので、各言語の学習にも使えます。この場合は結果出力 
に主にprintfが使われますので、コンソールへの結果出力となります。
結果をウインドウに表示するのなら、Cocoa アプリやCarbonアプリ用のプロジェクトを利用します。

■サンプルコードについて
 アップルの開発センター(ADC)から豊富なサンプルコードが無料で入手できます。サンプルについても最新の機能が使用されていれば、当然のことですが最新のOSX上でないと開発環境が対応しないため使用することができません。
世の中Winの本が書店にあふれていますが、ADCのサンプルが良いお手本になります。しいて言えば初心者にはソースコードが多すぎて理解しにくいことです。何で短いコードが少ないのでしょうか?

次回は、Xcodeで始めるC言語の初歩の予定です。
では、まずは開発環境 Xcodeを入手して、インストールしといて下さいね!
現在とは若干違うかも知れませんが、以下のリンク先にXcodeの入手方法が書いてありますので参考にして見て下さい。入手先は英語ですが、簡単な手続きでダウンロードのページに接続されます。
最新Xcode入手方法について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。