Mac OSX Build and Run!

OSX上でのプログラミングの初歩について、情報共有ができればと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocoaセミナ資料入手先

HMDT 木下 誠さんにより行われた Cocoaセミナー 初級編、中級編ですが、

Cocoaセミナー で使われた資料が入手可能です。(PDFとキーノート版)
ムービーでは木下 誠さんが詳しく解説されていますが、
ファイルサイズが大きく、ダウンロードには時間がかかるため、
まずはセミナー内容を知りたい場合は以下のファイル参考ダウンロードしてみて下さい。

初級編(pdf)3.2M
初級編(key)3.4M


中級編(pdf)2.1M
中級編(key) 2.4M


もちろん文章の説明より、ムービーを見た方が理解が早いと思いますので、
Cocoaでの開発初期の戸惑いが晴れると思います。

以下はADC Japanからの情報です。

Cocoaセミナー 初級編 New!


Cocoaセミナー 中級編 New!




スポンサーサイト

ADC-J Cocoaセミナー 初級編

ADC JapanにCocoaセミナー 初級編(by 木下さん)があります。

ここにCocoaセミナー 初級編 のクイックタイムムービーがあります。
まず、ココアを始めるにはこの説明を見てからの方が良いと思います。


スライドと音声、演習のキャプチャ。要QuickTime7。再生開始まで
時間がかかります(本当かかりすぎ、汗!)ので、ダウンロードしてご覧下さい。
Cocoaとは(32分、14MB)




以下のキーワードを理解してくださいね。
・MVC

・モデル(データモデル)
・ビュー
・コントローラー

ビュー(ウインドウ上のボタン等からのユーザー操作)  → コントローラー+モデルで処理
                           IN (オブジェクト)

コントローラー+モデル (処理結果) → ビュー(エディットフィールドに値を設定)
(オブジェクト)           OUT




・コントローラーには2種類の接続口(アウトレットとアクション)がある。

アウトレット → コントローラー → アクション
(INPUT用)    (処理)      (OUTPUT用)
接続先はボタン等             接続先はメソード(サブクラス)                      

コントローラはインターフェースビルダー(IB)で作ります。
コントローラーと外部の接続にもインターフェースビルダー(IB)で行います。


・アウトレット:
  IBでレイアウトされたウインドウ上のボタンやテキストエディトフィールド等のクラスの
  接続口。
・アクション:
  ウインドウやボタン等からのユーザーアクションに対応するメソードを呼び出す 接続口。
 (メソードは処理関数で、処理内容自分でコーディングする。)

センダー →  ターゲット → アクション

*Carbonでイベント処理を使うのとは、ずいぶんと概念が違いますよね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。